満足するプロバイダーに乗り換える方法【失敗しない選び方】

管理人の挨拶

プロバイダーの契約方法【ネット申し込みのメリット・デメリット】

プロバイダーの契約方法【ネット申し込みのメリット・デメリット】

 

プロバイダーの契約方法【ネット申し込みのメリット・デメリット】

 

 

プロバイダーとの契約方法は、大きく分けると
以下のような方法があります。

 

・ネットで契約をする

 

・大手電気屋さんで契約をする

 

以上の2種類から選ぶことになります。

 

プロバイダーと言ってもいろいろな業者が
ネット回線を提供しているので
選ぶとすると迷ってしまうんですよね。

 

 

ネットから契約をすればいいの?それとも大手電気店さん?

 

 

ひょっとしたら、あなたはそう思い
迷っている段階かもしれませんね。

 

では、どちらが良いのかメリットとデメリットを
解説いしていきます。

 

ネットでプロバイダー契約する場合のメリット

ネットでプロバイダー契約する場合のデメリット

・キャッシュバックがある

 

・豪華な商品などの特典が付いている

 

・出かける手間がない

 

・余計な勧誘が無い

・キャッシュバックが現金ではない場合もある

 

・特典の申請と付与の時期が契約してから
11ヶ月以降の場合が多い

 

・特典の申請ができる期間が短い

 

 

ネットからプロバイダー契約をする場合は
ほとんど光回線やADSLやモバイルルーターなどの
ネット回線を自由に選んで契約をすることができます。

 

 

ネットでプロバイダー契約をする場合は
ネット限定の特典やキャッシュバックなどがあり
確かに、ネットからの契約もお得感がありますね。

 

 

 

でも、大手電気店で契約するほうが得なのでは?

 

 

プロバイダーの契約方法【ネット申し込みのメリット・デメリット】

 

 

あなたは、そう思うかもしれません。

 

 

っていうか、僕自身もネットから契約をするか
大手電気屋さんで契約をするかと
そう思いながら迷っていたんです。

 

 

でも、大手電気量販店で
プロバイダー契約をすると
自由にプロバイダーを選べません。

 

 

 

そして、特典をもらうには
有料オプションの契約をする必要があって
結局、月々の料金が高くなってしまうんです。

 

 

フレッツ光を契約していたことがありますが
大手電気屋さんで契約をしたことがありますが
特典をもらうために有料オプションの契約をして
利用してましたが月々の料金が高かった記憶があります。

 

確かに、パソコンなどが半額で購入できたのは
かなりお得な気がしました。

 

プロバイダーの契約方法【ネット申し込みのメリット・デメリット】

 

しかし、僕は一時的に得した気分になっていたんです。

 

でも、実際は回線が自由に選べないというのと
特典をもらう条件が指定された有料オプションの
契約が必要となり月々の料金が高くなったわけですね。

 

 

無駄なオプションに月々お金を支払うので
後々トラブルになるかもしれませんね。

 

 

追記

 

 

「インターネット同時契約で○万円割引」は
全ての大手電気量販店で中止されているので
今では、ネットで契約をするのと変わらないです。

 

 

ただ、無駄にオプションを
付けさせられないように意思を強く持って
大手家電量販店で契約をしてくださいね。

 

無駄に勧誘などをされたくないという人は
ネットでこういう比較サイトを利用すると良いでしょう。

 

↓↓          ↓↓

 

比較ネットでお得なネット探し♪

 

メルマガ登録


 
トップページ サイトマップ ネット回線の種類 契約する方法 ネット回線格付け